控えめ返礼品あだに…ふるさと納税赤字、地方自治体でも

というニュース。

www.asahi.com

「赤字」の自治体は都市部に多く、横浜市が約5億2千万円で首位。東京都世田谷区、港区や名古屋、大阪、福岡各市が上位に入った。地方でも、返礼品競争に慎重な自治体が赤字となり、宮崎市は約90万円しか寄付が集まらず、約2千万円の赤字。平戸市のある長崎県では、県内の3割にあたる6市町が赤字だった。

赤字だった横浜や東京都世田谷。

人口も多くて、税収も多いから、一部を地方にもっていかれた形になるが、国が本来狙った通りでしょう。
地方に税金をだから。

だが、問題は宮崎市のように「競争するのはやめよう」と、熱心に加わらなかった地方都市。
宮崎だって、大都会からの税金を欲しいが、むしろ、宮崎市民が他の都市へふるさと納税したら赤になるという。

宮崎市はまだ大きめだけど、もっと地方の小さい町や村では、参戦しなかったら、真っ赤では?

これに対して、「ふるさと納税」を推し進めた政治家たちはどう思ってるんでしょうね?

 

ふるさと納税完全ガイド2016年最新版 (洋泉社MOOK)