クラシック音楽の人気曲「ボレロ」、1日に著作権消滅

クラシック音楽「ボレロ」の著作権が5月1日に消滅 今後、使用料は発生せず - ライブドアニュース

へー、クラシックにも著作権があるんだ。
そして、今まではお金が取られてたんだ。

で、これからは著作権使用料がなくなると。

 曲の進行に合わせてオーケストラの音量が徐々に上がっていくのが特徴で、パターン化されたメロディーと、催眠術をかけるように繰り返されるリズムに困惑する反応があったものの、批評家らから直ちに絶賛され、間もなく世界各地で演奏されるようになった。

 ラベルの全作品の著作権収入は総額4億ユーロ(約490億円)超で、このうちボレロによるものは1960年以降で5000万ユーロ(約61億円)前後と推計されている。著作権が消滅して「パブリックドメイン」になると著作権使用料は発生しなくなる。


映画の交渉人 真下正義で、最後、フィナーレのシンバルを刑事に止められるやつね。

金がかからなくなった分今後あちこちでつかわれるかもって話。

 

吹奏楽部あるある

吹奏楽部あるある

 
吹奏楽部あるある2

吹奏楽部あるある2

 
吹奏楽部あるある3

吹奏楽部あるある3

 
みんなのあるある吹奏楽部

みんなのあるある吹奏楽部

 
吹奏楽部だった奴にありがちなこと (宝島SUGOI文庫)

吹奏楽部だった奴にありがちなこと (宝島SUGOI文庫)