新潟焼山、小噴火か=気象庁

新潟焼山、小噴火か=気象庁 (時事通信) - Yahoo!ニュース

ちゃんと、こういう情報を得てから山へ行きましょう。
装備もね。

気象庁は6日、新潟・長野両県境の新潟焼山(標高2400メートル)を航空観測したところ、山頂東側の噴気孔周辺に降灰を確認したと発表した。

  ごく小規模な噴火が起きたとみられるが、時期は不明という。

  同庁は噴火警戒レベル1(活火山であることに留意)を継続するが、山頂から1キロ以内は立ち入りが規制されており、登山者らに注意を呼び掛けている。

  焼山では昨年の夏から噴煙がやや高く上がり、12月下旬から量も増加。今年1月ごろからわずかな地殻変動が観測され、今月1日からは振幅の小さな火山性地震がやや増えていた。

 

中高年の安全登山入門 (岩波アクティブ新書)

中高年の安全登山入門 (岩波アクティブ新書)

 

 

生と死の分岐点―山の遭難に学ぶ安全と危険

生と死の分岐点―山の遭難に学ぶ安全と危険