2015年のふるさと納税が無事に完了したようだ。明細書がきた。

年が明けて2016年。

5月の日付の明細書が、6月になって会社で配布された。

どこが遅いんだろう。

とりあえず、2015年のふるさと納税が効いているか確認。
見るのは細長い明細書の中央。

市と県の税額控除額(まるご)のところ。

おお、市と県を足すとだいたい、納税した合計だわ。

ありがとう。

これも所詮、人がすることだから、漏れてたらどうしようなんて思っていたわけです。

仮に年間15万円分ふるさと納税できる人がいるとして、

2万、3万、10万 と3都市に納税していた場合。
翌年の明細書をみて、3万円足りなければ「あ、あの都市がミスったな」と思って、そこへ問い合わせできるわけですが、

1万円を15都市 に納税していて、
1万足りなかったら、15箇所に打診することになるのかな?
「おたく、ミスってません?」みたいな。

こっちにも迷惑だし、正しい処理をした14箇所にも迷惑な話。

まあうちはそこまで納税しませんが(笑)

とりあえず、私の中では、去年納税した都市をメインに考えよう。
手続きはOKだったわけだし。
なんにしようかなー。
 

 

ふるさと納税超入門 2016 (TJMOOK)

ふるさと納税超入門 2016 (TJMOOK)

 
ふるさと納税(得)ガイド 2016年最新版 (MSムック)

ふるさと納税(得)ガイド 2016年最新版 (MSムック)