三菱自幹部、新入社員の不正指摘を放置 調査委が報告書

三菱自幹部、新入社員の不正指摘を放置 調査委が報告書 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 昨日も報道があった、新人は指摘していたの件、少し詳しい話が入ってきた。

 三菱自動車の燃費不正問題で、2005年に同社の新人の社員が不正行為をやめるよう社内で提言したのに、幹部が放置していたことが分かった。燃費不正を調べていた特別調査委員会が2日公表の報告書で明らかにした。調査委は、不正に鈍感な体質を示す事例として問題視している。

そう、もう10年も前だった。

ん?!その当時の新入社員は?!

どうした?

今ドコにいる?

三菱自動車にいるのか、他なのか。

 調査委は燃費不正を客観的に調べるため三菱自が4月25日に設置、弁護士ら4人で構成する。報告書によると、新人社員は社内の発表会で、国のルールと異なる方法で燃費データを測っており、改めるべきだと提言した。不正行為を続けていた部門の幹部ら20人余りが聞いていたという。  幹部らは調査委に対し、記憶にないと答えた。しかし、当時の資料も入手した調査委は、「新人社員の指摘というインパクトを考えても、記憶がないという説明は容易に受け入れがたい」と結論づけた。

すごいよね。

20人余りの幹部が聞いていたのに、記憶が無いと一次回答していた。

調査委員会は、ちゃんと裏付けの資料をおさえたのに。

こんな会社存続させる意味あるのかね?