実は日本中に溢れる深刻な欠陥新築マンション

恐ろしい記事。

実は日本中に溢れる深刻な欠陥新築マンション、なぜ住民は泣き寝入り?売主企業の恫喝

横浜のマンション。
どうしても、ここが引き合いに出される。

 実のところ、なんらかの欠陥が見つかった大半の新築マンションでは、売主が素直に責任を認めない。あの横浜の2つのマンションでさえ、売主側は当初「それは東日本大震災の影響」とか「自然な劣化によるもの」などと、責任逃れに終始していたという。一方のマンションではそういった話し合いが10年近くも行われた。そして幸いにも動かぬ証拠が見つかったのだ。もし、そういった証拠が出てこなければ、売主側は今でも言い逃れを続けていたかもしれない。



そして、その後がひどい。

 そして数日後か数週間後、売主企業のアフターサービス担当者と施工したゼネコン のクレーム処理係が現場を確認しにやってくる。誰が見ても明らかな施工不良でもない限り、売主もゼネコンも簡単には責任を認めない。不具合があって売主を 呼んでいるわけであるから、管理組合側は苛立つ。

 その内、ゼネコン側から改良工事の見積もりが出される。「無償で補修してください」と管理組合が要求しても「これは施工不良ではなく自然な劣化です」とか「使用方法を誤っているから起きたのです」といった言い逃れをする。
 
 話し合いは続くが、一向に埒が明かない。苛立った管理組合側は建築士や弁護士に相談する。しかし、仮に裁判になったとしても管理組合側が明らかな施工不良を証明できない限り、有利な判決は期待できない。

 その内、管理会社のフロントが組合の理事たちにささやきかける。

「この程度のことであまり騒がれると、悪い噂が立ってこのマンションの資産価値に悪い影響が出ますよ」



こうなると、あとはババ抜きになるよね。
欠陥があるけど、売ってしまおうと。

自分だけよければいいというのは、某国と一緒になってしまう。
ぜひそうなってほしくない。

お家を買うのって難しいね。

 

タイルもOK 浴室収納ラック スクエアタイプ 引き出し付き

タイルもOK 浴室収納ラック スクエアタイプ 引き出し付き