三菱自動車の不正の事件。新入社員が発表したがのその後。

 

山善(YAMAZEN) 4段チェスト 洋タンス(幅60) ダークブラウン STT-8060C(DBR)

山善(YAMAZEN) 4段チェスト 洋タンス(幅60) ダークブラウン STT-8060C(DBR)

 

 

www.sankei.com


 
みんなの前で違法行為だと指摘したのに取り上げてもらえなかった新入社員。
その後はどうしてるんだろうと気になっていた。

情報が上記リンク先。

 軽自動車の燃費データを改竄していた三菱自動車。外部弁護士からなる特別調査委 員会(委員長・渡辺恵一弁護士)が2日にまとめた報告書では、新入社員や社内アンケートが違法行為を指摘していたにもかかわらず、真剣に取り上げられな かった事実が暴かれた。進言が聞き入れられなかった新入社員はその後、会社を去ったという。純真な新入社員の真摯な思いを踏みにじった三菱自動車に再生の 道はあるのか-。



そうか、結局、会社を去っていたか。
三菱自動車といえば、一部上場企業。
せっかく入った。
やめるのには勇気がいることだっただろう。

でも、結果的には、こんな会社を見限って正解だったのだろう。

上記の記事によると、この新入社員のOJT担当者が、燃料不正に関わっていた。
その先輩も、上に言ったが無視された。
新人に託した。
発表したが、無視された。

ということらしい。

で、その先輩は?と言えば、まだ会社残っているらしい。

 この新人研修が実施された17年といえば、リコール(回収・無償修理)隠しに端を発する横浜市母子3人死傷事故で三菱自動車が神奈川県警に摘発された直後。再発防止と法令順守を誓ったばかりだっただけに、問題の根深さがうかがわれる。

 
もう、体質的に腐っているから、無理だと思うけどね。三菱自動車って。