40歳年収「全国トップ500社」ランキングと下500

toyokeizai.net

面白い記事です。東洋経済

こちらに乗ってくると、羨ましい。

会社四季報』の掲載会社のうち単体従業員数が20人に満たない場合や平均賃金の発表がない企業は原則除かれている。

そして、推計。

会社に実際聞いたわけではない。

だから「すげー」と思っても、実は違うかも知れない。

ただ、会社によっては専門職や定年後の再雇用社員などを集計対象に含み、平均年収や平均年齢との関係から、いわゆる正社員の平均的な実態と乖離がある場合もありえる点には注意いただきたい。

とあるので、難しいねー。判断材料とするには。

富士通で750万か。

一方。

40歳年収「全国ワースト500社」ランキング | 賃金・生涯給料ランキング | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

こちらは、かわいそうかもなランキング。

一部上場企業でも、こうなのね。

300万行かないところもあるのか。

でも、東京で年収500万と地方で年収500万じゃ価値が違うからね。

土地や建物や税金、基本コストが違うから。

そして、年収とは違った切り口。

 

生涯給料「全国トップ500社」ランキング | 賃金・生涯給料ランキング | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

新しい切り口ね。

60歳まで働いたら、だいたいどれぐらい?という話。

まあ、年収が高いところが生涯賃金が高いのは当たり前だが、いざトータル額を見ると驚くね。

命を削って働く電通は4億を超える。

さすが。 トヨタで約3億。

対象企業の平均生涯給料は2億1785万円。母数がやや異なるものの、昨年同時期のランキング(2億1765万円)とほぼ変わらない数字だった。調査対象企業の平均値にも近いが、生涯給料2億円は一つの目安とされる。

2億かあ。遠いな(笑)

私個人は無理だが。

 

逆はこちら。

生涯給料「全国ワースト500社」ランキング | 賃金・生涯給料ランキング | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 ワーストの500位でも2億に届かない。

一部上場企業でも、ワースト500に入ると生涯給料2億円に届かないのか。

就活では、そりゃー、給与の良さそうな一部上場企業に入ったら、万々歳だが、命を削って4億と、ワースト500で2億行かないのと、どっちが・・・・となると、考えますなー。

稼ぐ前に潰れるのは嫌だな。

 

お願いランキングで1位を獲得した安眠グッズ  ナイトウェーブ(NightWave)
 
ストレス を測って、見せて、緩和するグッズ アイリラックス

ストレス を測って、見せて、緩和するグッズ アイリラックス