高級生地「英ハリスツイード」安値乱売のなぜ 大手小売りもルール違反、協会が対策強化へ

news.infoseek.co.jp

 

というニュース。

たしかに、以前に比べて、ハリスツイードのロゴをよく見かけるなーと思っていた。

こんな小さな商品にも。へーと思っていた。

私個人、ハリスツイードだと、コートとか、上着のイメージだったから。

ハリスツイードは、製造過程が英国会法で厳格に定められている。品質を担保するためにハリスツイード協会が発行する「オーブマーク」と呼ばれる王冠をモチーフにしたロゴは、2010年に100周年を迎えた。 協会は「外側表面の50%以上にハリスツイードの生地を使用する(50%ルール)」などの条件をクリアした商品に原則としてブランドの使用を認めている。

外側表面の50%以上に? そんなルールがあったとは。

で、今回のニュースは「そういう50%ルールを破った不適切な商品が反乱している」というもの。

なるほどねー。50%以上なら、あのロゴ使って良いんだ。