私が彼氏ならドン引き プロポーズしたら貯金額を尋ねてきた彼女「奨学金を返済して」、そんな義務あるの?

headlines.yahoo.co.jp

彼女にプロポーズしたら貯金額を尋ねられ、理由を聞くと「大学時代の奨学金を返済してほしい」とお願いされたーー。そんな体験談がネットの掲示板に寄せられた。

 男性は27歳の会社員。付き合って2年の彼女(25)にプロポーズしたところ、貯金額を尋ねられたので、「350万」と正直に答えると、彼女は「私の奨学金、残り350万だから丁度いいね」と返ってきたという。男性に肩代わりして返済してほしいということだそうだ。

 男性は結婚式やその後の資金のために貯蓄してきたようだが、彼女の理屈によると、「結婚式はお金がもったいない」「結婚したら、どっちみち二人のお金で返すのだから、今返しても同じこと」なのだという。

厳密にいうと、結婚前のお金は、別々なので、一緒ではない。
結婚後、即離婚したら、財産分与はどうなるかというと、結婚後に得た収入を半分コが基本だから。
彼の貯めた350万の半分の175万を彼女がいきなりもらえるわけじゃない。

まあ、結婚したら財布は一つ。
どのみち彼女に借金があるから、それは旦那も協力して返すもんだろうと思うが、弁護士的には「彼女に返済義務がある」。
そりゃそうだろうけど。

旦那が働いて、家にお金を入れて、そこからやりくりしてお金を返すわけでしょ?

じゃあ、30万の収入で、生活費20万。お小遣いそれぞれ5万円ずづだったら、彼女はその5万から返すのか?っちゅう話。

いや、30万のうち、生活費は15万。お小遣いはそれぞれ5万円ずつ。奨学金返済に月々5万とか?

うーん、私が彼氏だったら、微妙。というかドン引き。
「ちょうどいいね」って、どういうことよって。

かといって、借金(奨学金)返済が完了してから結婚だと、かなり時間がかかりそうだし。
私なら、別れてしまいますが・・・・。