「米産地偽装」報道で名指しされた業者が反論「絶対に潔白」

「米産地偽装」報道で名指しされた業者が反論「絶対に潔白」- 記事詳細|Infoseekニュース

 

雑誌の女性自身が記事にしている。 なかなかおもしろい展開になってきた。

「あの検査結果は絶対に間違っています!ウチには普段から農水省の抜き打ち検査もあり、また外部機関である穀物検定協会の人間も常駐していて、外部のチェック機能も働いているんです。そもそも、 安定同位体 による検査は、まだ技術が完全には確立されていません。だから正式な産地検査には、米のDNAを調べるのです。ダイヤモンドさんが頼んだ研究所ではDNA検査もやっているのに、なぜか今回、そちらの結果は記事に出ていません。おそらくDNA検査では国産米という結果が出ているのでしょう。裁判で、ダイヤモンドさんからこのDNA検査の結果が開示されれば、必ず我々の身の潔白を証明できると思っています」

とJA京都の参加の米卸業者 京山。

京山 VS ダイヤモンド。

さて、真実はどちらだ?

農水が立入検査をしているはずだが、なかなかその後が公表されませんね。
続報が待たれます。