NHKの覆面リサーチ ボス潜入。 なかなかおもしろかった。

たまたま見たBS。

”あ、会社の上層部の人間が、一般人を装うって、下っ端の仕事を見に行くアレね。
くずは解雇して、良い奴は引き上げるようなやつ?
海外が元ネタだよね?”

と思いつつ見た。

なかなか面白かった。

www4.nhk.or.jp


昨日見たのは、日用品メーカー。

番組を見ていたらわかるが、エステー株式会社。
代表者は鈴木さん。
上品そうなおばさん。

これが服装を変えるのはもちろん、メイクをかけたり、かつらを被ったり、変装して、体験アルバイトだかなんだか知らないが、現場へ行く。

www4.nhk.or.jp

現場でディスプレイする女性。
コールセンターで苦情も受ける女性。
ホームセンターみたいなところで、品物を陳列させたり、販促させる男性。
配送する商品を扱う女性。

 

などの現場へ行って観察。

 

やっぱり現場へ行かないと、現場の不満はわからんもんだねー。という印象。

 

現場でディスプレイを担当する女性は、あれは他社に引き抜かれてはいけない人材。
つなぎとめるべきだね。

 

今回取材対象になった下々(?)の人に、クズはいなかったのは幸い。
みんな、突然の体験者に丁寧に対応。

 

ホームセンターなどの営業担当の男性は、ちょっと営業には向いていなかったかもしれない。
誠実さはあるけど。
本人は企画に興味があったので、番組最後にはプレゼンをさせてもらっていたが、現場での経験が無いと、「現場を知らずにプレゼンをする」という頭でっかちになるからね。

 

配属されたんなら、配属された先に不満があってもある程度は「吸収」して、次の配属に活かすという前向きな取り組みをすべきだね。
まだ甘いなと個人的には思った。

 

工場で配送の準備をする女性は、パートのようだが、正規雇用への推薦が現場からも来ていたので、後押ししますというような話を社長がしていた。よかったね。
真面目に働いているんだから報われて最高。

 

この番組としては「日頃あまり目立たない現場の人々がヒーローになる、痛快ファクチュアル・エンターテインメント。」とあるが、会社のボスが、現場に行って、危機感を持てるか?というのにかかっていると思ったけどね。

 

”これは改善しないと会社経営上マズイ”と反応できるボスかどうか。
そして、キャラが濃すぎるボスだと変装してもバレるから、覆面潜入ができない(爆)

 

今回、営業の男性がもたもたしているところ、改善策を出して、自ら動いてしまうあたり、やはりただのおばさんではなくて、社長に登った人なんだなぁと思いました。

 

再放送は3月5日(日)11時~12時。