私もPTAって必要?いらないでしょ と思っている人でしたが・・・・。

「PTAは必要なの?」問いかけに割れる意見 「平和なときほど無意味」だけど、なければ教育格差に繋がる懸念も

 

という記事。

私もPTAいらないでしょ?
ベルマーク貼りに、会社を年休?
バカバカしい。自費でアルバイトを雇ってでも参加しろってか?

ぐらいに思っていた。

働いている母親が参加するのは、厳しいし、働いていなくても、参加できる余裕があるとは限らない。

学校の方針が突然変わったとき、親の意見を取りまとめて学校と交渉する役をPTAが担ったという声や、数人で学校に意見しても何も変わらなかったが、PTA会長から働きかけたら驚くほど迅速に解決したという報告も。個人の声は届きにくい、団体になると強いという指摘もあった。

ああ、なるほどね。
学校側からしたら、うるさいPTAは面倒だ(爆)

保護者が一人声をあげてもだめなときはPTAに頼りたいと思ってしまいますね、私でも。
そうなると”都合のいい時だけPTAを頼って”という話になり、じゃあ、普段から参加しなくては となりますわな。

ある人は、活動縮小が進んでいるが、「校長先生も含めた定例会が一番大切」と明かす。今でこそ落ち着いていると評判の小学校だが、数年前まで学校崩壊が激しく不登校が続出していた。新任の校長が、「教員の力だけでは立ち直れない。保護者と生徒ととことん話し合いたい」と、結束を呼びかけて立ち直ったそうだ。この人はこう諭している。

なるほどね。
自分の子供は大丈夫だと思っていても、いざいじめの対象になったり、不登校になったりしたとき、学校まとめて結束しようとなったときにPTAが無いと、本当に大変そう。

今まで「PTAなんていらないじゃね?」と思っていた人は、平和に学校生活を送れていたんだなと思うべきだろうね。
たぶん、それは私もそう。

何かあったときにはPTAは必要。
でも普段から無いと、急に「PTA作ろうか」じゃ、機能しないだろうしね。

一番最初の説明会に、こういう話をした上で、保護者に納得して参加を促すのがいいのだろうと思った。

キャリコネニュースさん。いい取材でした。