読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覆面リサーチ ボス潜入。今度はちょっとお高めなホテルの社長。

過去1か月の放送 - 覆面リサーチ ボス潜入 - NHK

3/10はホテル。
ビジネスホテルじゃなくて、ちょっとお高めなホテル。
グループで、そのうちのあるホテルの4部署ほどへ潜入。

社長もここ1年ぐらいで変わった人かな?
変装してバレません(笑)

まあ、カメラが取材でついて回るので、潜入される側もある程度紳士的な対応です。

皿洗い専門チーム。
ベッドメイキングチーム。
コンシェルジュチーム。
結婚式等の披露宴など、取り仕切るチーム。

それぞれに潜入。

総じての感想は「いかに仕事もできて、性格もよくて気が利く人材を確保するか大変だわ」と思ったこと。

皿洗い専門チームがあるとは知りませんでした。
もちろん機械で一発洗浄がメインですが、布でも軽く拭きます。
朝のビュッフェや食べ放題の企画もあれば、ものすごい勢いで洗い物が増えていきます。
ロボのような黙々とした作業です。直接感謝されるものではないので、やりがいに乏しいみたいな。

私個人、このアルバイトしてもいいのになーと思いました。
やりがいは二の次で、自分の都合のいい時間があれば、そこそこのお給料で黙々とやりますよ。
交通費や賃金面がいいなら私やります!!
なので、知られてないだけじゃないかなー。

こちらは社長、ちからいれて採用活動しますと。慰労的な企画もしますよって。

ベッドメイキングチーム。
こちらもリーダーのおばちゃんが苦労。
人が集まらない。
留学生を雇いますが、まだイマイチな日本語の留学生。シーツの”シワ”がわかりません(笑)
そして卒業してしまったら、また新人をイチから教育も大変と。

こちらは社長、翻訳タブレットを入れて意思疎通をはかりましょうと。

コンシェルジュチーム。
たまたま取材時は一人だけだったが、この人は気の利く人。
インターネットカフェを紹介してと来た外人さんに、
「そのネットカフェに電話で聞いたら、英語の対応ができない店っぽい」と説明。
他の英語の対応ができそうなパソコンのある店を紹介。

なんて親切な。

そしてコンシェルジュらしく「●●へ行って、次に○○へ行ったあとに、和食が食べたいのでルートを紹介して」なんて依頼にも答えます。
お高めなホテルですから、庶民の店ばかりを紹介できません。
ちょっとお高めのお店も紹介するために、休日にお高め飲食店へ自腹で研究。

それは大変だと、社長から、勤務時間内に研究のための時間と費用を捻出すると説明。

宴会サービス等のボスは、その経験・ノウハウを後任へ引き継ぐために、ボスに若手を付けて修行させる仕組みを。

どれにしても、XXさんが辞めたら、サービスが低下してしまった風なのは、経営者としてはダメージなもの。

その昔、そういう良い人材を採用した人事を改めて評価しないといけないし、これからもいい人材を採用しないと、そのうち業務が回らなくなる。

皿洗いもベッドメイキングも主婦に広めるとか、アルバイト情報誌に出すとかすれば、人があつまると思うんだけどな。

まあ、どこも人手不足ですなー。

別にホテルや、特定の業界に限った話じゃないし。
高齢化・日本人自体減る。というのは、どこの業界でも。

働き手、日本人でも、日本人以外でもどう確保するか、迫ってるんだなと思いました。

人に依存しないシステムを構築できるならしたほうがいいし、どうしても人に依存するなら「いい人」を採用しないとね。
全国のボスは危機感持ってほしいな。