貴族探偵 6話。小ネタが楽しくてタマラナイ。

ああ、面白い。

相葉ちゃんの演技は、あれはあれでいいのだ。
ああいうキャラと思えば。

他の人だって濃いんだから。

愛香が鼻形雷雨(生瀬勝久)と天幕に行くと、貴族探偵は婿候補3人の殺害事件それぞれを、佐藤(滝藤賢一)、田中(中山美穂)、山本(松重豊)別々に調べさせると言う。呆れる愛香は、独自に捜査を進めて事件の犯人を割り出すのだが…。

ということで、時系列で説明を受けると、「ああ、そうか、そうやればできるか」と。

たぶん、一般視聴者は武井咲と同じレベルで推理はしていただろう。
だがひっくり返るのが醍醐味。

中山美穂の解説が一番楽しみだな。
そして生瀬のツッコミ。
もはや、昼のワイドショー並な(笑)

ああ、次回も待ち遠しい。

エンディングの嵐の曲もいいし、サントラも欲しくなってきました。

 

I'll be there

I'll be there