一体何があったんですかね?作業員全員の肺からプルトニウム検出 原子力機構が発表

headlines.yahoo.co.jp


とてもショッキングなニュース。

茨城県日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターで放射性物質が飛散し、作業員5人が被曝(ひばく)した事故で、原子力機構は7日、5人全員の肺からプルトニウムが検出されたと発表した。

 原子力機構によると、2万2千ベクレルが検出された50代の男性職員以外の4人からも、最大で1万4千ベクレル、6千ベクレル、5600ベクレル、2200ベクレルのプルトニウム239が検出された。アメリシウム241も5人から7・1~220ベクレル検出された。


もはや、もう比較ができないほどたくさん浴びたんだろうなと。
肺からプルトニウムってどういうことよ!!

www.asahi.com
ここでは、

 原子力規制委員会に入った情報によると、放射性物質が飛び散らないように覆っていたビニールが容器の点検中に破れ、粉末状の放射性物質が飛び散った可能性があるという。作業員は、半面マスクと防護服を身につけていた。

ビニール?破ける?
そんな管理なのか?!

とりあえず、命だけでも助かることをお祈りしています。

 

コーン粒取り器 すいすいトレール

コーン粒取り器 すいすいトレール