夏ボーナス、理想と現実のギャップは?というニュース

news.livedoor.com

地域別にみると、ギャップ額が最も大きかったのは「東京都」で-45万6,003円。東京在住の人は、全国平均の4倍以上のギャップを感じていることが明らかに。以降、「北海道」(-37万3,793円)、「大阪府」(-14万748円)、「愛知県」(-10万4,921円)と続いた。

また、関東の1都3県(東京・神奈川・埼玉・千葉)のボーナス見込み支給額を比較すると、「神奈川」(ギャップ額+8万296円)や「埼玉」(同+22万4,021円)では、東京よりも見込み支給額が約13~18万円程度高く、ボーナスの理想より現実の金額のほうが上回る結果となった。



東京のほうが「もっとボーナスくれてもいいんじゃない?」と不満ということか。
45万?!

個人的に気になった結果は以下のほう。

今年のボーナスでやりたいことは、1位「旅行・レジャー」(64.3%)、2位「外食」(47.8%)、3位「電化製品」(44.2%)、4位「貯金・投資」(40.4%)という結果となった。

4位の「貯金・投資」については、特に20代女性の割合が60.2%と高く、全体の順位を大きく引き上げている一方で、20代男性は35.9%にとどまる結果に。20代は男性より女性の方が貯金や投資志向が高いことが浮き彫りとなった。



そうなんだ、みんなレジャーに使って、日頃の自分を癒やすとか家族サービスって感じなのかな?
2位の外食や3位の電化製品もわかるわ。
4位に貯金。
貯金はもっと上位かなと思ったが、みんなストレス発散したいのかな?(笑)

意外なのは20代ががっつり貯金。特に女性。
日経ウーマンとか見たら、貯金&ミニ投資がネタになっているから、関心事なんだろうな。

どうせ旅に行くなら、早く安く。