要注意!酷暑の日に着てはいけない服

news.livedoor.com


大変参考になりました。

中でも汗ジミが最も目立つのはグレー。
他には、ブルーも汗をかくと、その部分の色の明るさ暗さを示す明度が下がって、汗ジミが目立つようになるため、注意しましょう。反対に、黒やネイビーといったダ―クカラーや白は汗ジミを気にしなくてよいため安心です。



グレーは避けていたけど、ブルーも目立つか。
濃いネイビーならありなのね。

汗ジミを気にしないでおしゃれを楽しみたい方におすすめなのが、コーデに柄を取り入れること。色や素材に加えて、柄を取り入れるだけでも汗ジミを目立たなくできます。単色の洋服を着ているときより、柄の洋服を着ているときの方が、汗ジミが目立たないので、積極的に投入しましょう。

なぜ汗ジミが目立たないかというと、柄の中に汗ジミが目立ちやすい色と目立ちにくい色が混ざっているため。とくに、定番のボーダー、流行のギンガムチェック、小花柄といった細かい柄は、変色した部分以外にも目線がいくため、汗ジミが目立ちにくくおすすめです。



私のような地味子さんは、柄物にチャレンジしませんが(笑)
ボーダー、ギンガム、小花柄がいいんですね。
勉強になりました。