こないだのゲリラ豪雨でのヒョウ、すごかったですよね。ひょう被害、保険は適用されるのか?

news.infoseek.co.jp


こないだのはすごかったですね。
スマホさまさまなのですが、ああいう映像は見ていて勉強になります。

ヒョウがすごいところもあるし、嵐の凄さもわかる映像もある。
いやー、あんな嵐時に駅のホームに出る気がしない。

 住宅がひょうの被害を受けた場合、保険でカバーされるのか。大手損保会社によると、「一般的な住宅に関する保険であれば、ひょうや風、雷、ガス爆発といった災害もカバーされていることが多い」という。

 自動車の被害も車両保険に入っていれば原則としてカバーされる。

 日本損害保険協会のサイトでは、車両保険の支払い対象について「交通事故だけではなく、衝突、接触、墜落、転覆、物の飛来、物の落下、火災、爆発、盗難、台風、洪水、高潮など、あらゆる偶然な事故で、被保険者の過失によって発生した偶然な事故も含む」としており、ひょうは物の飛来や落下に該当する。

 ひょうの被害で車両保険を使った場合、1等級ダウンとなる。車対車に限定した契約では支払われない。また、地震や噴火、津波による被害は原則として補償されない。



一般的な住宅に関する保険なら入ってる可能性があるのか。

車?車対車限定じゃ、だめなのね。
でも、対象だとしても1等級ダウンをどう判断するかだよね。
せっかく、そのために入っている保険だから使ったほうがいいのか?