マツコの知らない世界では、キティー保持のギネスの男性と例のクルージングのおばさん。

前半は、キティラーのおじさんがでてきた。
奥さんが理解ある人よかったねーという感じ。
元警察官で、車の免許がないから、自転車で追いかけてたというのが笑えるけど(笑)

クルージングのおばさん。
あまりの好評ぶりに、衣装協力もつくほど出世しました(笑)

まあ、お金もかかるしね。クルージング。
海外行ってドナウ川みたいな大きな川で、川の往復みたいなのもクルージング。

さすが、世界はでかい。
絵本のような風景をゆったり眺めながらのクルージング。


日本でも一周で9日間ぐらいで10万円台もご紹介。
いいねー。
ただ問題は、10日近く連続で休めるか?って話。

普通のサラリーマンでは無理では?
となると、退職後のご夫婦とかになっちゃうよねー。

海外からもわざわざ新千歳空港まで来て、小樽からクルージングで、羅臼まで行って戻ってくる。
知床のツアーもある。

海から大自然をみるクルージングもいいね。

そして、美代子は本を出した(笑)

 

上田寿美子のクルーズ!万才―豪華客船、45年乗ってます (CRUISE Traveller Books)

上田寿美子のクルーズ!万才―豪華客船、45年乗ってます (CRUISE Traveller Books)