日馬富士引退会見についての記事。あなたはどちら寄り

報道するところによって、どちら寄りか分かれたようです。

headlines.yahoo.co.jp


こちらは、時事通信社
どちらかというと、日馬富士・伊勢ケ浜部屋寄りな書き方。

news.livedoor.com


こちらは、J-CASTニュース
タイトル通り、アンチ伊勢ヶ浜親方な感じ。

憔悴しきった親方だが、報道陣からの質疑にうつると様子が変わる。「師匠は公益財団法人(日本相撲協会)の理事でもある。今回の(暴行問題の)件、これまでの対応を振り返って、ご自身のことをどう評価するか」との質問には

「私ですか? 私は全部筋道を通してきちんとやっていました。それだけです」

と一言。続けて「対応が遅れたとの声もある」と問われると、返す刀で

「何の対応ですか? 私は(問題を)知ってすぐに謝罪しましたよ。電話でもしました。断られたこともありましたけど、そういったことはきちんとやりました」

と、強張った表情で返答した。


問題はその後にも起きる。
テレビ朝日系「報道ステーション」の富川悠太アナウンサーの質問では、より厳しい態度がみられた。

「同じ質問を繰り返さないでください」
「同じような質問でなく、(富川アナが質問しようとすると)...代わってください。1人1つで。話をちゃんとしないといけないので」


まあ、富川アナも、”お前くどいんだよ!”と私も思うわけですが、親方も大人ならそこはちゃんと対応してもらいたいところ。

視聴者の中には「伊勢ケ浜親方の逆ギレ会見であった」という印象をもった人もいるようだ。
まあテレ朝系のニュースを見ればわかるでしょう。

で、引退した日馬富士
そうなると、社会的制裁を受けてるとして、不起訴になる可能性が高いのだそうな。

それでいいのか?よくわからんが。