パワハラ認定に伊調選手コメント

headlines.yahoo.co.jp

レスリング協会から、パワハラという認定がでたあと、伊調馨がコメント。

日本レスリング協会が、アスリートファーストの確立に尽力されることを信じており、私も協力してまいります。あらためて応援してくださっている皆さまに感謝申し上げます」。



ふむふむ。
無難なコメントね。

でも、記事の他の内容に驚く私。

伊調選手本人へのパワハラ行為は2件。

日本レスリング協会 倫理委員会・金森弁護士は「平成22年2月、栄コーチが、伊調選手をコーチ部屋に呼び、『よく俺の前でレスリングできるな』と発言した」と話した。

さらに2010年、出場した全ての大会に優勝した伊調選手を、アジア大会の代表から外したことも、パワハラと認めた。

また、伊調選手を指導していた田南部コーチに、「伊調の指導をするな」と発言したことなど2件も、パワハラと認めた。

こんなことあったの?!という感じ。真ん中のアジア大会から外したって話。
だれがどう聞いても、伊調馨をはずす意味がわからん。

なんで、2010年、栄氏の暴走が止められなかったのか。

本当にひどいね、日本レスリング協会

早く内閣府からの調査結果でないかな。日本レスリング協会もペナルティーを受けないとだめなのでは?
ああ、例の会見を開いた、協会副会長さんの責任はどうなるんですかね。