映画 帝一の國。ずいぶん振り切った演技だったね。

ここまでオーバーアクションというのも、日本ではなかなか珍しい(笑)

感想としては、コンテンツとしては楽しめました。
70’sを彷彿とさせるファッション(特にサングラス)。 

帝一の國

帝一の國

 

 

強く印象にのこったのは、竹内涼真永野芽郁
竹内涼真は、なにこのイケメン。男でもほれてまうやろな好青年を演じる。
やっぱり顔が小さくて、タッパがあるのは大事だね。

永野芽郁は、いいところにキックが入る美少女(笑)

原作も読んでみたくなる面白いお話でした。
中古でも漫画喫茶でもいいかな。