週刊現代の記事だと、台風でコケた車の弁償は・・・・

つい先日、通過した強力な台風。
特に、関西では大暴れ。

トラックがあっと言うまに倒されて、軽自動車も一度転んだら、コロコロ・・・・・。

ネットオークション用か?中古自動車が溜まっているところで出火。延焼。

本当にひどい災害でした。

で、保険はどうなるのか?!

週刊現代の記事だと
強風で、車がコケました。→自動車の持ち主の保険で修理費を工面しましょう。

強風で、車が突っ込んできました。→突っ込んできた車・・・ではなくて、自分の保険で修理費を工面しましょう。

強風で、近所の瓦が飛んでいて、うちが壊れた→瓦の家に弁償・・・・ではなくて、自分の家の保険で修理費を工面しましょう。

なんだって!!!
驚いた。瓦の家に修理費よこせじゃないんだ。
特に今回のような、強力なレアな風といっていい場合は、予想できませんでしたって終わっちゃうんだろうな。

高級車フェラーリがたくさん被災らしいが、あれも、持ち主の保険を使ってもらうらしい。

保険でいくらカバーできるかわかりませんが、こういうときのための保険なんだわと思いました。

 

週刊現代 2018年 10/6 号 [雑誌]

週刊現代 2018年 10/6 号 [雑誌]

 
良い保険ダメ保険の見分け方

良い保険ダメ保険の見分け方