「Googleマップが劣化した」不満の声が相次ぐ ゼンリンとの契約解除で日本地図データを自社製に変更か

headlines.yahoo.co.jp

Googleマップから林道、細い路地、バス停が消えた」「建造物の情報が古くなった」「道路の形や名称、地形がおかしい」──そんな報告が3月21日夜からネット上で相次いでいる。実際に日本国内の地図が以前から変わっている他、一部の道路が欠損していたり、建物が道路に重なって表示されたりする場所が多数存在している。


日本のゼンリンという会社と仕事をしてたグーグルが、ゼンリンを切った。
グーグルは自分でやり始めたが、ゼンリンの精度が出せていない ということか。

まあ、餅は餅屋。
ゼンリンに金を渋ったからか?

グーグルがケチるからだ。と考えガチですが、まあ、我々もタダ同然に使っているので、あまり偉そうなことを言えませんが(爆)

カーナビも、スマホで済ませている人は、これから苦労するかもしれませんね。
データに欠陥があって。