今日のマツコの知らない世界は、宝石と女子マンガ

宝石はすっごい面白い話。

怪しいインド人(笑)
ものすごく話がうまい。関西人も真っ青なトーク技術。
日本の通販番組に呼んでも、どこかの社長に引けを取らない。

話だけでも十分面白い。
日本で成功しているな、この人。

マツコとのトークでは、ダイヤモンドは売れてるけど、まだ取れる。
価値があるのは、色のついた石で、流通が少ないものだ!という話。
産出量が少ないと、その宝石がぐるぐる回るので、値段が上がる一方という仕組み。

タンザナイトなんてそんなに高い石とは思わないが、価値はわかりませんねー。

アレキサンドライトなんて、高い石の部類とは露知らず。
宝石売り場で何千万なんてザラだけど、マツコの番組を見ると感覚が麻痺しそうですね。
100万以下が安く思えてしまう(爆)

 

後半は少女マンガではなく女子マンガ。
少女マンガは夢のある、ファンタジーだが、
女子マンガは、絶望の先に幸せを見出す みたいな作品なんだとか。

前者は、花より男子
そりゃそうだ。庶民がセレブな学校へ行けるはずがない(笑)

 

 後者で紹介されていたのは、

 

 不倫のお話?1122 いいふうふ なのだそう。

 

1122(1) (モーニングコミックス)
 
プリンセスメゾン 1 (ビッグコミックス)

プリンセスメゾン 1 (ビッグコミックス)

 

 
結婚は墓場なんていうけど、そんなに悪くないという作品?

 

マリーマリーマリー 1 (マーガレットコミックス)
 

 こういう複雑なコミックが映画化やドラマ化でヒットするんだな。