冷房故障した部屋にいた人が4名死んだ。院長「4人はもともとの病気が重かったので」

headlines.yahoo.co.jp

ちょっと、ギョッとするお話。岐阜市の「Y&M 藤掛第一病院」。

 藤掛院長は病院前で取材に応じた。院長によると、今月20日に3、4階のエアコンが故障し、業者に修理を依頼した。「約1カ月かかる」との返事で、すぐに扇風機9台を出して、対応したという。その後、重篤な患者や希望者は冷房の利いた部屋に移したが、死亡した4人はそのままの部屋にいたという。

 エアコンの故障と死亡の因果関係について聞かれると、院長は「4人はもともとの病気が重かったので」と答えた。そばにいた病院関係者が「捜査に協力しているので、詳しいコメントはできない」と話すと、院長は「ごめんなさい」と述べて、報道陣に一礼し、病院内に戻った。


冷房のきいた部屋に移した人は死んでないじゃん。
移ってない人が4人死んでるだっちゅーの。
そして、なくなったのは80代の男女4名。

www.asahi.com

こちらの記事では、

藤掛院長とともに取材に応じた病院の男性職員は「病院として何か問題があったとは考えていない」と話した。

一応扇風機9台出したとはいえ、どうかなーこれ。って感じ。
みなさんは読んでどう思うだろうか。

エアコン壊れたからといって、他の病院に移転もできないだろうしね。

岐阜県警はエアコンが利かない部屋で熱中症により死亡した可能性も含め、業務上過失致死の疑いを視野に捜査している。

警察の捜査を待ちたい。