実名あるよ。中国ホテルの汚すぎる清掃 中国人でも自衛策は常識

www.msn.com


ちょっと前、ホテルの従業員が、トイレを掃除したタオルでコップ拭いていたーみたいなニュース。

さらにその前は、韓国だったようなきがしましたけどね。

今回は、そのちょっと前の中国の話を詳しくしたもの。

【上海エリア】
ザ・リッツ・カールトン上海 浦東」
「マンダリン オリエンタル 浦東 上海」
「ウォルドーフ・アストリア上海オン・ザ・ハンド」
フォーシーズンズホテル 上海」
「ザ・プリ ホテル アンド スパ 上海」
「ル ロイヤルメリディアン上海」
「ブルガリホテル上海」

【北京エリア】
「ザ ペニンシュラ 北京」
「パーク ハイアット 北京」
コンラッド北京」
「アマンサマーパレス北京」

【その他】
シェラトン南昌ホテル」(江西省
シェラトン貴陽ホテル」(貴州省
「シャングリ ラ ホテル 福州」(福建省



日本でも、高級なホテルですよね。
私も親孝行で、一人5万ぐらいするリッツカールトン東京泊まりましたよ。
もう、こんな高級ホテルの宿泊は無いなと思っていますが(笑)

そんな高級ホテルのコップが掃除雑巾でフキフキされていたらと思うとぞっとします。日本では無いと信じていますが。

まあ、さすが中国な部分もありますが(笑)

動画に映し出された清掃員の行動は衝撃の数々だった。コップと便器の掃除で同じ雑巾を使用(ル ロイヤルメリディアン上海)、シャンプーを洗面台に投入し食器洗剤代わりにコップを洗う(ザ・リッツ・カールトン上海 浦東)、客の使用済みタオルでコップを拭き自身のTシャツで仕上げる(パーク ハイアット 北京)、ゴミ箱を物色しコップの蓋を使用済みタオルと作業着で拭いて再利用(ブルガリホテル上海)……などにわかには信じがたい内容だ。



中国人ジャーナリストからも

 特に清掃員は低賃金ということもあり都市部の人々に人気がない。地方からの労働力が期待される中、地方出身者には衛生面に対する意識が低い者もみられ、十分な教育も行われていないという。


今回の掃除をする人も「お前が同じことやられて、嫌な気持ちにならない?」と聞かれて「(本心で)、いや別に気にならないけど」と回答するレベルだったら、もうどうしようもない。

さらに驚く記事としては、

世界130カ国へ渡航、中国での滞在経験も豊富なトラベルライターの白川淳さんは、

「マイカップの持参は理想だが、高級ホテルであろうが客室のコップを使う場合は洗うのが常識。使わないという選択もあり。その他の備品でも気になる人は除菌ペーパーかスプレーを使用すべき。いずれにしても一般の食堂で出される箸の衛生面すら信用出来ない国と心してかかるべき」

 という。自国のホテルを利用する中国人でも自衛策は常識のようだ。消毒済みとあっても信用できない、熱湯消毒するのは当然。自分のタオルやシーツを持って行くという声もあった。



高級ホテル行くのに、熱湯消毒?マイタオル持参?!そ、そんなんだったら、高級ホテル云々じゃなくて、中国行かないほうがいいわ。と思ったり。

日本でもその手のトラブルがゼロとはいわないけど、確率論的に低いでしょ?
ああ、日本で良かった。
 

Tropical House Cafe ? ラグジュアリーな大人のPoolside Party BGM

Tropical House Cafe ? ラグジュアリーな大人のPoolside Party BGM

 
ラボン ファブリックミスト ラグジュアリーリラックス 370ml

ラボン ファブリックミスト ラグジュアリーリラックス 370ml