つい最近、nanacoカードを紛失したけど、すぐ止められないというニュースがあったけど

headlines.yahoo.co.jp

そうそう、ニュースでみた。

話題になったツイートは「nanacoを紛失したが、『すぐには止められず、完全に止まるのは明日になる』と言われた」「コールセンターへの連絡中にオートチャージされてしまったが、補償されなかった」というもの。また、この投稿者はクレジットカードと紐づけてオートチャージできるよう設定しており、利用停止手続きまでの間にカードを悪用されオートチャージが発生しましたが、この分の補償はなかったようです。



だが、ちょっと違うらしい。

・すでにチャージされた分は、使われちゃうかもね。(止められない)
オートチャージ機能は連絡があれば止められるよ
・クレジット機能は連絡があれば止められるよ
・連絡する前のオートチャージ分は補償されないよ

ということらしい。

とにかく、
紛失確定したら、クレジット機能・オートチャージ機能は停止を依頼しましょう。

オートチャージの金額は契約時にユーザーが設定したものによるが、上限は3万円で1日1回まで」とのこと。もちろん、補償がないのは不安なものですが、すぐに利用停止手続きを行いさえすれば、比較的高額の被害には遭いづらい仕様になっているといえそうです。なお、SuicaPASMOでも停止手続きが完了時点で残額を保障または再発行後のカードに引き継ぎを行うとされており、nanacoの紛失事例に近い対応になっているようです。