これってかなり問題だと思う。京大病院で薬剤の濃度を誤って投与、入院患者が死亡 止血でも、ミス重なる

headlines.yahoo.co.jp

 

京都大医学部付属病院(京都市左京区)は19日、腎機能障害のある心不全の男性入院患者に、注射薬の炭酸水素ナトリウムを処方する際、誤って本来投与すべき薬剤の6・7倍の濃度の同一成分製剤を投与した結果、6日後に死亡したと発表した。



もともと医療ミスというのは、問題なのですが、中身を聞いてもひどいなーと思う内容。
だが、私が引っかかったのは上記の部分では無い。


 患者は、炭酸水素ナトリウムの点滴開始直後から血管の痛みや顔面のほてり、首のしびれといった症状があり、「医師を呼んでほしい」と訴えたが、看護師や医師は造影剤によるアレルギー反応の有無に気を取られ、誤った処方に気づかないまま投与を継続したという。

患者が、これはおかしいと思って「医師を呼んでほしい」と訴えたのに継続投与ですよ。
かわいそうにねぇこの患者さん。

他の病院なら死ななかったかもしれない。


 その後、患者は心停止となり、蘇生処置で心拍は再開したものの、心臓マッサージに伴う胸骨の圧迫が要因とみられる肺からの出血が止まらなくなった。止血術などの対応を取ったが、患者の内服薬に抗凝固薬が含まれていることに気づくのが遅れたこともあり、出血を止められず死亡させてしまったという。

ああ、しかも直接の治療ではなくて、「検査」なんだよねー。
検査で殺されてしまうとは。可哀想に。他人事ではないな。
合掌。

 

病院の実力 総合編 2019 (YOMIURI SPECIAL 119)

病院の実力 総合編 2019 (YOMIURI SPECIAL 119)

 
手術数でわかるいい病院 2019 (週刊朝日ムック)

手術数でわかるいい病院 2019 (週刊朝日ムック)