ちょうど一年前のブログで炎上したらしい。子供の任天堂スイッチを壊した親の話。

「子供の友達の分も含めてしつけでニンテンドースイッチ3台破壊」ブログが炎上。遊びすぎを制限するには?

私が子供の頃も、親がかくしていた場所を見つけて、こっそりプレイして、元に戻すことを繰り返しておりました(笑)

高嶋ちさ子さんも子供のゲーム機をバキっとやったような気がしますが・・・・。
まあ親の気持ちもわかります。

「やるな!っつっただろ!!!」みたいな(・_・)

で、にたような話が一年ほど前にあり、そのブロクの記事が今、なぜか注目を浴びて。という話。

 子供が大切にしているゲーム機を目の前で破壊するのもどうなんだと思いますし、友達の分も破壊するのはやりすぎています。とくに新品を買って返したところでセーブデータは戻ってきません。ゲーマー的にはアウトです。



まあ、たしかにね。レベルをあげたドラクエで破壊されたら、データどうしてくれるんだ!ってゲーマーは思うかも。
でも、子供なんだよねー、教育というかしつけというか、親と約束したでしょ?どうしても守れないの?って話。

こんなので、子供の虐待とか言われる世の中になるんでしょうか?
もうなにが正解なのかわかりません、私。。。。 

 

さて、話はちょっと変わります。
さっきのケースでは、罰として、ゲーム機を親が破壊して、反省を促したわけですが、壊さずとも制限を書ける方法があります。

ゲームを遊ぶ時間を決められる『Nintendo みまもり Switch
 『Nintendo みまもり Switch』とは、所有しているニンテンドースイッチごとにゲームを遊ぶ時間を決められるアプリです。

 アプリはiPhoneAndroidの両方でリリースされています。



ほほう、親のスマホにアプリを入れて、監視するのか。

毎日のゲームプレイ時間の管理ができる『Nintendo みまもり Switch』。暗証番号入力ミスもわかる。ちなみにこの入力ミスは筆者がしたものです。この『Nintendo みまもり Switch』を使うと、「平日はゲーム禁止で休日はゲーム3時間」や「ゲームは1日1時間」といったルールを設定できます。
設定した時間をすぎればスリープモード(暗証番号を入力しないとゲームが遊べない状態)にできますし、暗証番号を当てずっぽうで入力しようとしても何度か間違えると一定時間入力ができなくなる仕組みもついています。

 しかも、暗証番号を入れようとして間違えたこともアプリからわかります。



なんという文明の利器。
パパママがデジタルに慣れていないとね(笑)

どうせ、パパもドラクエウォークを四六時中やってるのでは?という気もしなくはありませんが・・・・。

あ、こんな商品が(笑)