NHKでやっていた。超怖い、サイレント津波。

www3.nhk.or.jp

​​​NHKでやっていた。
超怖い。
NHKいい仕事だ。こういう内容なら、お金を払ってもいい。

ざっくりとした内容は、

地震が起きる。
地震に近いところが普通は津波が高くなる。

でも東日本大震災のときは、福島じゃなくて、岩手が40m近い津波が発生したりして、研究者は首をひねった。

なぜ、こんな大きな津波がきたのか。

地震のせいで、地盤が緩んで、​海底の中で、山崩れのような状態が起きる。​
土砂が崩れたことにより、その衝撃で大波が生まれる。

地震から推定した津波より大きなのが来た。

ということらしい。

 

 
逆にいうと、「地震の大きさ。場所からいって、津波の高さは50cm」と予報したとしても、実は海底土砂崩れが起きていて、10mの津波がくる可能性だってあるということ。

地震の揺れの割には、大きな津波。下手すると津波が起きないレベルの地震を感知したとしても、巨大な津波が来るかも知れない。

そこで、サイレント津波なわけですよ!!

日本の周りには、そんなことが起きそうなところばっかり!!

今まで地震があって、津波注意報や警報がきて「おいおい50cmなのに出すのかよ」なんて思って、海へ波を見に行く・・・・なんて人がいるかもしれないが、もうやめたほうがいい。 

 
気象庁だって、新しい検知方法で、サイレント津波も見つけようとしてるけどね。

やっぱり地震が来たら、海岸へ行ってはいけないのだ。