ああ、面白い(笑)乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

今期、私の中では、ナンバーワン。今の所。
面白くてたまらない。

3話では後半、みなさん成長した状態に。
声優男性陣もメジャーでモテモテなキャスティングですな。

私個人は、ヒロインの脳内ミニ会議が面白くてたまりません。
カワイイ(^o^)

ヒロインは母親譲りの美人さん。
でもどちらかというとキツイ系。
悪役令嬢にぴったりなお顔立ち。

破滅しないように、フラグ折りに一生懸命です。
さて、どう着地するのか。楽しみです。
一迅社。がんばってるな。

 

 

 

 

【内容情報】(出版社より)
総務省仮想課職員、菊岡誠二郎との再会。それはキリトとアスナ、アリスを、《大戦》から二百年後の《アンダーワールド》へといざなうものだった。
 再びあの世界へ降り立った彼らを待っていたのは、ロニエとティーゼの子孫であるローランネイとスティカ、そして。
「これが《星王》を名乗る男の心意か。--よろしく、キリト君」
《整合機士団》団長を名乗るその男は、かつてキリトが失った《彼》と同じ目をしていてーー。
 一方、《ユナイタル・リング》世界では、キリトと仲間たちを狙う最大の《悪意》がついにその姿を現す!!