大蔵流狂言師の善竹富太郎さん 新型コロナで死去 まだ40歳

headlines.yahoo.co.jp

正直、知らない人。
でもショック。きっとその業界では、有望だった人なのだろう。

大蔵流狂言師の善竹富太郎(ぜんちく・とみたろう、本名茂山富太郎=しげやま・とみたろう)さんが4月30日午後7時54分、新型コロナウイルス感染に伴う敗血症のため東京都渋谷区の病院で死去した。40歳だった。


まだ40歳なのに。

 曾祖父の善竹彌五郎狂言界で初の人間国宝。富太郎さんは3歳から稽古を始め、5歳で初舞台。「狂言は心・生活のサプリメント」を信念に、狂言の普及活動に尽力。カルチャースクールの狂言講師、また各大学で狂言を指導。伝統を継承するだけでなく、オペラとのコラボなど、狂言界に新たな風を吹かせていた。


経験を積み、伝統芸能を今に伝え、これからも・・・という脂が乗ってきた世代なのに。残念。本人も無念でしょう。

外出してはいかん。必要最低限にしましょう。
家でリラックス(^o^)