販路失った特産品、ふるさと納税返礼品に 地ビールやヤマメ薫製

販路失った特産品、ふるさと納税返礼品に 地ビールやヤマメ薫製 山梨・小菅村

 ところが、新型コロナウイルスの感染拡大で村内の観光施設が休業となったほか、4日に予定されていた源流まつりも中止となり、生産者は在庫を抱えることになった。

 そこで、村は少しでも販売に貢献しようと返礼品に加え、寄付額の3割に相当の特産品セットを送ることにした。村の取り組みを知った人から寄付が集まり、10万円を寄付した人もいたという。

 村総務課の担当者は「村の現状を知って助けてくれる。村民の励みにもなる」と話している。【山本悟】


新コロナのせいで、市場が停滞。
ものが作っても売れない?店に出せない?まあ、とにかく、どこでも困っています。

で、地元の農産物をふるさと納税に!というのはいいことだと思います。

安ければ WIN-WIN。

んー、でも、3割ルールみたいなのがあるのよね?
泉佐野市で、もめたじゃない。

今、3割ルールを破ったら、泉佐野市が「不公平だ!」といいそうだしね。

さて、どうなることやら。

普段、ふるさと納税にでない品物が出る可能性があるのは、いいかも。
ただ、残念なのは、寄付する側の年収が減りそうなので、どれだけふるさと納税可能か迷うな。

ぜひ、新コロナで収入が減らない人は、ふるさと納税を活用してください。

緊急支援 とか付いてると「お得なのかしら?」と思ってしまいますね。