当分だめでしょ、これ。1日10人の感染者入国で「再宣言」に 西浦教授ら試算

1日10人の感染者入国で「再宣言」に 西浦教授ら試算

新コロナ対策で頑張っている西浦教授。
西浦さんらは数理モデルを使い、どのくらい感染者が入国すると大規模流行が起きるか確率を計算した。

入国者全員にPCR検査を行い、陰性の人も2週間ホテルなどで待機を求める。それでもPCR検査の精度の限界や、待機を守り切らない場合があると想定し、一部の人が入国後に感染を起こす条件とした。

 その結果、感染者が1日10人入国すると90日後には99%の確率で、緊急事態の再宣言が必要となる規模の流行が起きた。
1日2人なら確率は58%、1日1人なら35%に抑えられた。一方、検査しないと確率が上がり、感染者の入国が1日2人の場合95%、1日1人でも77%だった。



いいですか?入国者全員検査して、2週間缶詰の作戦は取っていて、1日10人入国したら3ヶ月後には緊急事態宣言ですよ。

まあ、プロの医者や看護師さんでさえ、感染する病気ですから。
本当に防げないんですわ、これ。

中國人は「早く、日本に旅行したい」なんて前のめりらしいですが、とんでもない!!

春節乞食の二の舞とか、もう勘弁してください。

というのを、ヨーロッパの人達も、”アジアの人達”を見て、思っているでしょうから、今年は海外旅行はやめておいたほうがいいと思いますね。

日本人は、国内旅行。これが一番。

そして、アベノマスク、まだ届きません。