もっと報道すればいいと思うの!「見えないダムが守ってくれた」九州豪雨で諫早、大きな被害なし 干拓の調整池、治水機能発揮

news.yahoo.co.jp

揉めたことがある、諫早湾干拓事業
これで、水害が防げていたらなら、効果があったでいいでしょう!!

 九州の広い範囲を襲った豪雨は各地で河川の氾濫を引き起こし、甚大な被害をもたらした。ただ長年、暴れ川と恐れられてきた長崎県諫早市などを流れる本明川の流域一帯では大きな被害は生じなかった。地元住民からは、国営諫早湾干拓事業で完成した淡水調整池による治水機能に救われたと評価する声が上がる。(九州総局 中村雅和)



たしかに、諫早湾については、いろんな利害関係者がいるんだろうが、今回のような「おかげで助かった」というのはちゃんと報道したほうがいいと思うの。

 利根川水系群馬県八ッ場ダムは、試験湛水中の平成31年10月の台風19号の豪雨では7500万立方メートルの水をためたことで知られる。今回の調整池の働きはそれと比べても遜色ない水準といえ、干満差を利用する調整池の高い排水能力を裏付けた。



関東の八ッ場ダムも、揉めたよねー。
本当に民主だったら、ダム建設が止まってたから!!
ダムがなければ、東京も大きな災害が起きてたかもしれない。

ウィキによると

「今回は全く放流していないこともあって大きな治水効果を発揮した。流入量などの検証が必要だが、適切に行えば運用開始後も効果を発揮できる」[57]、「今回はたまたま実験貯水段階で、ほとんど空だったラッキーさもあり、八ッ場ダムが果たした役割は評価してもいいんじゃないか」[58]との肯定的な評価がある。



まあ、このダム一つで救われたわけじゃないけどね。
でも、県レベルじゃなくて、国レベルでこういう事業はしてくれないとね!