都営大江戸線の運転士15人が感染 通常の7割に減便へ

都営大江戸線の運転士15人が感染 通常の7割に減便へ

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、東京都は26日、都営地下鉄大江戸線について、27日から通常の7割程度で運行すると発表した。15~25日までに大江戸線の運転士計15人の感染が確認され、濃厚接触者を含め運転士21人が出勤できなくなり、通常運行に必要な人員確保が難しいと判断して、減便を決めたという。



まじかーーー。
JRも他人事ではありません。

最近のニュースで、ウイルス変異が見つかったのも飛行機のパイロットのおじいちゃん(おじさん?)。
運転手が減れば、交通機関も減便です。

もともと在宅で!通勤しないで!と言ったところで、通勤しなくてはならない職種もありますしね。
人手が足りない!という保健所も、在宅できません。電話かかってきますから。

本当に、がんばってる人たち、いるんです。

本数が減れば、残念ながら密度があがり、危険度もあがります。

本当にね、”自分の命を守るために”をしないといけないのにね。

志村けんさんや岡江久美子さん亡くなったときのショックを忘れてはいけない。