朝日新聞デジタル 感染拡大すれば「接種に影響も」 まん延防止初日の東京

感染拡大すれば「接種に影響も」 まん延防止初日の東京

「感染拡大が続けば、接種に影響するおそれもある」。都内の60代の男性医師はこう語る。接種を担う医師は、普段は勤務する病院で診療にあたる。発熱外来などの対応に追われると、担い手を確保するのが難しくなるためだという。



ああ、なるほど。
どんどん負のループ。
感染する前に予防接種を打ちたいけど、先に感染が広がりすぎて間に合わないみたいな。

本当にTVを見てると腹がたつわ。
私は、必要最低限の外出しかしていない(会社・コンビニ・スーパー・歯医者・散髪)。

「周りに感染している人いないし、慣れちゃった感があるからお出かけしてる」みたいなコメントいうやつ!
大抵は若者だが、年寄だと守っているかというと、そうでもない。

先日、宝くじ売り場で、マスクをしていないで購入しているおじさんを見かけた。
くじ売り場のおばちゃんも可哀想に、こんなのを相手にしないといけないなんて。

こういうおじさんが、感染して死ぬのは自業自得と思うが、それまでに病院にかかったり人の手をワズわらすのに腹が立つ。
「人に迷惑をかけない」なんてワケないだろーーーーー!!!

一気にみんなで我慢すれば、台湾みたいに感染率が低くて、経済も回ると思うのだが。