もっと報道したほうがいい!新型コロナ患者 救急搬送 最長で47時間 大阪市消防局調べ

まずはこちら。
コロナ慣れした・いい加減にして…「駆け込み客」でにぎわう梅田繁華街

 一方、「1回目の緊急事態宣言では家に引きこもったけど、今回は同じような自粛は難しいかもしれない」と話すのは、映画館を訪れた大阪市北区の会社員男性(24)。

 その理由として「周りに感染者がいないので気をつけて行動すれば大丈夫に思えてきた。コロナ慣れしてしまった」と言う。



こういうのがいるから、医療崩壊になるんだよ。馬鹿な日本人が増えたもんだ。
この記事と同じ日に、

新型コロナ患者 救急搬送 最長で47時間 大阪市消防局調べ

大阪市消防局が今月19日と20日新型コロナウイルスに感染した患者の搬送状況を調べたところ、患者のもとに到着してから受け入れ先の病院が決まって出発するまで、24時間を超えたケースが3件あったということです。

最も長いケースでは丸2日近い、およそ47時間かかっていました。

その間、救急隊員らが患者の健康観察を行い、必要に応じて酸素吸入などをしながら受け入れ先が決まるのを待ったということです。



もう、受け入れてくれる病院が無いんだよ!!

今まで、国や自治体に協力して、自宅で在宅でがんばってても、いざ悪化して救急車呼んだら病院がなくて、駐車場でまる二日ですよ!

これ、まだ4.5月の気候だからマシかもしれないけど、真夏になったら、こんなの耐えられないんじゃない?

その他TVでは「息子が感染した。でも受け入れ先が無いので、家でおとなしくしていた(家庭内隔離)、それでも、父親に感染した。父親は40度近い熱を出して、意識はあるが朦朧としていると窓口に相談したら『意識はあるんですね』で一日放置。翌日病院で受けれ入れてもらえたが、その時点でレントゲンは肺が真っ白」とやっていた。

もう下手したら死ぬでしょ、これ。

息子が持ち帰ったせいで父親が死ぬんですよ。

まあ、新型コロナの感染力はすごいから、息子も感染しないように頑張っても感染することはあるでしょう。
感染した人に罪は無いとしても、『この2週間、もっと予防することができたんじゃないか?あのお出かけが悪かったかもしれない』と息子は後悔することになるでしょう。

もっと報道したほうがいいんじゃない?
大阪でも、これすぐ東京でもこうなるよ。と思っている私。

そして、私がもう一つ気になるのが、予防接種。
医療関係者に終わってないのに驚いた。

医療関係者が終わったから、年寄に打ってるんじゃないの?!

医療関係者がまだなのに、年寄に予防接種を打ちに行くとか、なんか、本末転倒な気がするのですが。

で、予防接種を打つ人が足りないかも という話になり、

「歯医者さんに予防接種をしてもらう」とか
「薬剤師が、予防接種用に注射器に液体を、実施脇で準備する」とかニュースで言っていた。

このひとたちもまだ予防接種打ってないんでしょ?

河野さん。他の人よりはがんばってくれてると思ってますが、それでも、この状態か。
本当にスタートダッシュを失敗した日本。
河野さんが就任する前の、ダッシュを失敗したんだろうな。
だれだ?責任者。